カメラ!カメラ!カメラ! [*my_pictures]

カメラ get。
で、早速ジュリをモデルに激写。

ピントあわないし...




こないだ買ったCONTAXのレンズは
50mm f1.4
というレンズだ。

50mmというのは写真が写る範囲を示す。ようなもんだ。
まぁ、細かいことは気にすんナ。

ちなみに35mmフィルムってのはフィルムのサイズだから、
50mmのレンズとは関係なしデス。

最近はワイドに撮れるズームレンズを持ったカメラも多いけど
普通ビデオカメラやデジカメの画角は45mm位だ。
だから50mmってのは標準的な画角のレンズだ。

だがしかし、それは普通の35mmフィルムを使ったカメラの時の話だ。
一般的に当たった光を画に変える、
フィルムの役目をするデジカメの部品(CCD)は光があたる面積が小さい。

ほとんどのデジカメ一眼のCCDの大きさは、
ちょうど一時期流行った(けど流行らなかった)
APSフィルム位のサイズだ。
普通のデジカメよりもCCDが大きい。

しかし35mmのフィルムよりは小さい。
だからレンズを通った光のうち、真ん中へんが写真に写る。
フィルムのカメラよりも狭い範囲しか写せない。

で、今回買ったEOS kiss Digital N で50mmのレンズを使った場合、
35mmフィルムのカメラに、50を1.6倍した80mm相当のレンズを
取り付けた時と同じ画角にせばまる。

ようするに50mmのレンズをデジカメにとりつけると、
フィルムのカメラに80mmのレンズを取り付けた時と
同じ位の画角になるってことダ。
80mm相当の画角だと人物のポートレートにちょうど良いサイズらしい。

だけどjuriはすぐカメラに近づいてくる。
そもそも写真を撮られるのが嫌いというか、
写真を撮られるためにジッとしてるのが大嫌いなので、
カメラを向けると横を向くか、思いっきり近づいてきて、
撮影を妨害してくる。

だから80mm相当の画角のレンズだと
juriが超アップになってしまう。
つーか、目だけとか鼻だけしか撮れない。

ヤツから少しでも離れてせめて顔全体を
写真に納めようとするのだが、
ヤツはそれを阻止すべくカメラにへばりついてくる。
キーッ。

次に、f1.4というのはレンズの明るさを表す。

このレンズはズームの機構がない単焦点レンズだ。
そのおかげでひかりをズームのための
余分なレンズに妨げられる事がない。
特に50mmという画角は、無理矢理光を曲げたりしなくてすむ。
集めた光を無理なく無駄なく画にできるので明るいのだ。

ちなみにf1.4というのは絞りを一番開いた状態の
レンズの明るさだ。
たとえばオレのレンズだと、絞りのメモリが
1.4, 2, 2.8 5,と続いていく。
普通f2.8とかで明るいレンズと言われるので
f1.4といえばメモリが2つ分明るいレンズということになる。

1.4と2.8だと差が小さくてあんまりかわんない気もするが、
メモリ一つ違うとレンズを通ってくる光の量が倍になる。
だから1.4と2.8ではメモリ2つ分 = 4倍の光が入ってくるのだ。

で沢山の光がレンズを通ってくるってことは
部屋の中でもフラッシュ使わずに
ジュリさんの写真が撮れるってことだ。
嗚呼、鈴木その子は元気だろうか。

あと光がたくさん入ってくれば、シャッターを
開ける時間を短くできる。
だから手ぶれナシの、
はっきりくっきりとした写真が撮れると思った。
甘かった。
被写界深度が浅すぎたのだ。

被写界深度とはピントの合う幅というか、
領域を指す言葉だ。
ピントが合ってはっきり見える場所には
ある程度の幅がある。
ピントが合う奥行き方向の距離を
被写界深度っていうらしい。

で、被写界深度は、fが小さいと浅くなる傾向がある。
fが1.4しか無いと被写界深度が浅すぎて、
ジュリの目はピントがあうけど、
鼻には合わないなんてことになってしまう。

被写界深度が浅いことは悪いことではない。
その浅さを利用して背景をぼかし、
目的のものをよりはっきりみせるような表現は
写真の醍醐味といえる。
レンズのエラい人は、
ピントがあっている部分の写り以上に
ボケている部分の描画性を気にする。

しかし浅いにも限度がある。
ピントがあう領域が本当に小さいので、
ピントにウルトラ気をつけないと、ジュリの顔はボケて
足はくっきりはっきりしたりした写真が撮れてしまう。

もしジュリ全体がはっきり写るような、
広い領域にピントを合わせたい場合は
被写界深度を深くして、
ピントの合う幅を増やせばいい。

で、被写界深度を深くするには
fの値を上げなければならない。

つまり絞りを使って、f1.4から
f2とかf2.8とかにしてやればジュリ全体にピントが合う。

でも絞りをしぼってしまうとレンズが暗くなるので、
せっかくのf1.4が意味ナシ!

それにf1.4だと、いろんなところから集めた光が
フィルムというかCCDにとどく。
その光の中には本来の色と違う色の光もまじってしまう。
なのでf1.4で撮った写真は微妙にボケてるというか
微妙にソフトフォーカスがかった表現となる。
だから絞ってf2.8とかf5.6とかにすると
かなりはっきりした写真が撮れる。

もちろんピントが合えばの話だが、被写界深度が深くなるので
f1.4よりは遙かにピントが合いやすい。

でもf5.6とかだとレンズが暗すぎてシャッターのスピードが遅くなる。
だから部屋でジュリを撮ると今度は手ぶれしてしまうし、
ジュリの撮影妨害でやっぱりボケた写真になってしまうのだ。

上のピンボケ写真の、ながいながいいいわけでした。
へんなかお。ぷー。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 4

うえっきー

ああー。ほんとかわいい。いたずらっぽい顔が。あーーーー。

juriちゃんのアップが多いのはそのせいだったんですね。w
by うえっきー (2005-05-08 14:43) 

juri

いたずらっぽいんじゃなくって、いたずらなんデス。
うちもうえっきーさんちと同じでゴミあさりするし...

ある日オレがいない時、キムチの入ってた容器をきれいに
なめてしまったコトがあります。
水やったら必死で飲んでマシタ。(涙)
by juri (2005-05-09 00:30) 

うえっきー

あはは!キムチか。
犬は香辛料系?のにおいが大好物らしいですよ。
でもキムチにjuriちゃんもびっくりだったでしょうね。
うちの犬は、一番すごいので
バスケットボールを完食してました。(ばらばらにして)
ありえない
by うえっきー (2005-05-10 10:39) 

juri

そうなんっすか?
でも刺激物とかネギとか食うと
アワふいて死ぬとか聞いたことナイ?
都市伝説?

でもバスケットボールは死にかねないと思われ。
マジで...
そんな悪食、ギネスブックでしか見たことないっすよ...
by juri (2005-05-10 23:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました